車検のコバック

青森市・弘前市

車検のコバック青森東バイパス店 2022年初ブログ

コバックニュース
2022/01/10

青森市の東部にあります車検のコバック青森東バイパス店です。

 

青森市の東部にあります車検のコバック青森東バイパス店です。

 

 

 

 

こちらのブログでは、安くて安心な車検をお探しの方に

 

 

 

 

 

お役に立てる情報やスタッフの面白記事をお届けしいたします!

 

 

 

 

 

******************************

 

 

 

 

 

コバック青森東バイパス店の三橋です。

 

 

 

 

 

今回のブログ私が担当させていただきます。

 

 

 

 

 

よろしくお願いします!

今回は【自動車特定整備制度】についてお話します。

1

 

 

その前にまずは分解整備について簡単にご説明します。

 

 

 

 

自動車関係の職種の方にとっては聞き覚えのある言葉か もしれませんが、

 

 

 

 

 

「一体どのようなものなのか分からないという方もいると思います。

 

 

 

 

 

分解整備の内容を知ることで、

 

 

 

 

 

特定整備についてより深く理解できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

【分解整備の概要】

 

 

まず、自動車整備士の行なう整備には、点検整備、緊急整備、分解整備の3種類があります。

 

 

 

 

 

このうち分解整備は、最も高い技術が要求される整備で、

 

 

 

 

 

 

自動車整備士のなかでも国家2級以上の資格を持つ人しかする ことができない整備です。

 

 

 

 

 

 

道路運送車両法によると分解整備とは、

 

 

 

 

 

「原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、

 

 

 

 

制動装置、緩衝装置また は連結装置を取り外して行なう

 

 

 

 

 

自動車の整備または改造であって国土交通省令で定めるもの」

 

 

 

 

 

 

とされています。

 

 

 

 

 

 

分解整備に該当する部分は自動車が安全に走るために重要なものばかりで、

 

 

 

 

 

 

 

道路運送車両法による認証制度が設け られています。

 

 

 

 

 

 

 

また、自動車整備工場で事業として分解整備を行なう場合は、

 

 

 

 

 

 

 

作業場面積や設備、要員についての 認証基準を満たして、

 

 

 

 

 

 

 

地方運輸局長から認証を受けなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

《原動機》

 

 

原動機(エンジン)を自動車から外してから行なわれる整備や改造、エンジンの交換

 

 

 

 

 

《動力伝達装置》

 

 

トランスミッションやプロペラシャフト、

 

 

 

 

 

クラッチ(小型自動二輪車のものを除く)、デファレンシャルなどを取 り外してから行なわれる整備・改造

 

 

 

 

 

《走行装置》

 

 

 

フロント・リアのアクスルシャフトや、前輪独立懸架装置を取り外してから行なわれる

 

 

 

 

 

整備・改造(小型自動二輪 車を除く)

 

 

 

 

 

 

《操縦装置》

 

 

ステアリングのギヤボックスやリンク装置の連結部分を取り外してから行なわれる整備・改造

 

 

 

 

 

 

《制御装置》

 

 

 

マスターシリンダーやブレーキホース、ブレーキチャンバー、

 

 

 

 

 

ブレーキドラム(小型自動二輪車のものを除く)、 ディスクブレーキのキャリパー、

 

 

 

 

 

バルブ類などを取り外して行なう整備・改造。

 

 

 

 

 

また、小型自動二輪車のブレーキ シューを取り外して、ブレーキライニングを交換する整備

 

 

 

 

 

 

《緩衝装置》

 

 

 

トラックなどに装備されているリーフスプリングやエアスプリングといった、

 

 

 

 

 

 

シャシばねを取り外してから行なわ れる整備・改造(コイルばね、トーションバースプリングを除く)

 

 

 

 

 

 

 

《連結装置》

 

 

 

けん引自動車、もしくはけん引される自動車の連結装置を取り外してから行なわれる整備・改造

 

 

 

 

 

 

分解整備に該当する部位はどれも、故障すると大きな事故に直結するものであり、

 

 

 

 

 

 

整備するには専門の知識と技術 が必要です。

 

 

 

 

 

 

そのため、道具や設備も特別なものを使用なければいけません さてここで、

 

 

 

 

 

 

 

特定整備は何が違う? ここまで、分解整備について説明しました。

 

 

 

 

 

 

 

分解整備は、自動車の安全に大きく関わる整備で、専門の知識と技術 が必要です。

 

 

 

 

以降では、特定整備と分解整備の違いや、お客様目線での変化について解説します。

 

 

 

 

 

【電子制御装置が新たに追加

 

2020年(令和2年)4月1日より、分解整備は特定整備に名前を変え、施行されています。

 

 

 

 

 

大きな違いは、電子制御装 置が新たに追加されたことです。

 

 

 

 

 

 

現在普及している自動車のなかには、ADAS(先進運転支援システム)を搭載しているものも多く、

 

 

 

 

 

 

 

自動運転に関す る技術も市販に向けて開発が進められています。

 

 

 

 

 

 

 

当然、自動車の安全に直結する技術に含まれますが、分解整備の 項目にはこれらの電子制御装置が該当していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにADASの不具合が原因となった事故も発生しているなか、

 

 

 

 

 

電子制御装置の整備が認証を必要としないことが問 題視され、法改正が行なわれることになりました。

 

 

 

 

 

【電子制御装置って具体的にどこ?】

2

 

 

 

電子制御装置に該当するのはどの部分か、以下に具体的にまとめました。

 

 

 

 

 

・自動走行装置本体を取り外して行なう、また自動走行装置の動作に影響をおよぼす可能性がある整備・改造

 

 

 

 

・自動ブレーキやレーンキープアシストに使用されるカメラやセンサーの取り外し、コーディング作業や光軸の調 整など

 

 

 

 

 

・上記2つに関連する、カメラやレーダーが装着されているグリルやバンパー、窓ガラスの取り外し、

 

 

 

 

もしくは取り付け お客様にとっては何が変わるのか?

 

 

 

 

 

分解整備から特定整備に変わったといっても、一般のお客様にはどのような対応が求められるのでしょうか?

 

 

 

 

 

分解整備ではADASを含む電子制御装置は12ヶ月点検の対象外でしたが、特定整備が施工されたことで、

 

 

 

 

 

 

2021年(令 和3年)10月1日から新たに対象となりました。

 

 

 

 

 

電子制御装置の故障はもちろんですが、バンパーやグリルのカスタマイズをしてもらう場合にも、

 

 

 

 

 

特定整備の認証 を受けている自動車整備工場に入庫しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

長々と説明しましたが、 コバック青森東バイパス店はその特定整備認証工場となりましたので

 

 

 

 

整備に関してご安心して当店にお任せ下さい!

 

 

 

3
  • facebookボタン
  • twitterボタン
  • lineボタン
コバックは車検が安い
各店舗の電話番号はこちら