車検のコバック

青森市・弘前市

車検のコバック青森東バイパス店 マニアックだけど大事なオイルの紹介

コバックニュース
2021/11/15

青森市の東部にあります車検のコバック青森東バイパス店です。

 

青森市の東部にあります車検のコバック青森東バイパス店です。

 

 

 

 

 

こちらのブログでは、安くて安心な車検をお探しの方に

 

 

 

 

 

お役に立てる情報やスタッフの面白記事をお届けしいたします!

 

 

 

 

 

******************************

 

 

 

 

 

コバック青森東バイパス店の熊谷です。

 

 

 

 

 

今回のブログ私が担当させていただきます。

 

 

 

 

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

変えてますか?ミッションオイル

 

 

MT車でドライブを楽しむ方であれば、

 

 

 

 

 

変速する際のフィーリングに気を配られる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

その変速時に一役買っているのがミッションオイルです。

 

 

 

 

 

 

このブログでは、エンジンオイルミッションオイルの違いや、

 

 

 

 

 

 

ミッションオイルの選び方を解説します。

 

 

 

 

 

 

また、交換頻度についても紹介するため、

 

 

 

 

 

 

今後交換を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

エンジンオイルとミッションオイルの違い ここではまず、

 

 

 

 

 

 

エンジンオイルとミッションオイルの役割の違いを説明していきます。

 

 

 

 

 

 

 

ミッションオイルとは ミッションオイルは車に使用されている

 

 

 

 

 

 

 

ギアの潤滑材としての役割を持ち

 

 

 

 

 

 

MT車のギアチェンジをスムーズに行うために必要なオイルです。

 

 

 

 

 

 

ミッションオイルが潤滑材としてギアの表面に油膜を張ることで、

 

 

 

 

 

 

摩耗やギア鳴りと呼ばれる異音の発生を防ぎます。

 

 

 

 

 

 

ミッションオイルはギアオイルとも呼ばれることがありますが、

 

 

 

 

 

 

 

トランスミッションに使われるオイルをミッションオイル、

 

 

 

 

 

 

ディファレンシャルに使われるオイルをデフオイルと

 

 

 

 

 

 

分けて呼ばれることもあります。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、AT車にもギアは存在しているため、

 

 

 

 

 

 

 

オイルが使われています。オートマチック・フルードと呼ばれ、

 

 

 

 

 

 

 

こちらも定期的な交換が必要です。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

エンジンオイルとは エンジンオイルはその名の通り、

 

 

 

 

 

エンジン内部でさまざまな機能を果たすオイルで、

 

 

 

 

 

 

 

大きく分けて下記の5つの役割を持っています。

 

 

 

 

 

 

・潤滑 エンジン内部では、クランクシャフトやピストンなどの

 

 

 

 

 

 

 

金属部品が高速で運動しています。

 

 

 

 

 

 

それらが互いに触れる部分をエンジンオイルで潤滑することで、

 

 

 

 

 

 

摩擦を軽減し、部品の摩耗を防ぐ役割を持っています。

 

 

 

 

 

 

・冷却 車が走行しているとき、金属部品の摩擦、燃焼によって、

 

 

 

 

 

 

エンジン内部は高温状態になっています。

 

 

 

 

 

 

オイルパンからオイルポンプによってエンジン各部へ送られたエンジンオイルは、

 

 

 

 

 

 

それぞれの場所で発生した熱を吸収してオイルパンに戻り、

 

 

 

 

 

 

冷却されることで、エンジン全体を冷却しています。

 

 

 

 

 

 

・清浄 一定期間エンジンを稼働させていると、

 

 

 

 

 

 

エンジン内部にスラッジと呼ばれるオイルの

 

 

 

 

 

燃えカスやオイルと混ざった燃料などの汚れが溜まります。

 

 

 

 

 

スラッジはエンジン本来のパフォーマンスを発揮するのを妨げ、

 

 

 

 

 

エンジン劣化の原因にもつながります。

 

 

 

 

 

 

エンジンオイルはこのスラッジを吸着し、分解する役割を果たしています。

 

 

 

 

 

 

車を使用していると次第にエンジンオイルが黒く汚れていきますが、

 

 

 

 

 

 

これは清浄作用が働いているためです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、エンジンオイルが吸着できる汚れの量には限界があるため、

 

 

 

 

 

 

清浄作用を回復させるためには、定期的なエンジンオイル交換が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 ・防錆 運転している間、エンジンは非常に高温状態になるため、

 

 

 

 

 

 

温度差によって水分が発生しやすい環境にあります。

 

 

 

 

 

 

 

この水分が錆を生じさせる原因になります。

 

 

 

 

 

 

錆が生じるとエンジンの表面が傷つき摩耗が起きるため、

 

 

 

 

 

 

 

エンジンそのものの寿命が短くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

エンジンオイルがあることで、エンジンの表面に油膜ができ、

 

 

 

 

 

 

水分によって錆が生じることを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

・密封 エンジン内部の「シリンダー」と「ピストン」という2つの部品の

 

 

 

 

 

 

間にはごくわずかに隙間が空いており、

 

 

 

 

 

 

 

通常はそれをピストンリングというパーツで塞ぎ、

 

 

 

 

 

 

さらにピストンリングとシリンダーの間にエンジンオイルが入り込むことで、

 

 

 

 

 

 

 

燃焼によって生じたガスを逃さないようにしています。これが密封作用です。

 

 

 

 

 

 

 

ミッションオイルの交換頻度 ミッションオイルは

 

 

 

 

 

 

 

エンジンオイルほど頻繁に交換する必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

エンジンオイル交換が3,000km~5,000km毎・3ヶ月~6ヶ月のどちらか早いほう、

 

 

 

 

 

ミッションオイルは走行距離10,000km~15,000km毎の交換をおすすめしています。

 

 

 

 

 

 

また、ATフルードの交換は20,000km毎もしくは2年毎の交換を推奨しています。

 

 

 

 

 

 

いずれも、あくまで目安ですので、エンジンやトランスミッションに

 

 

 

 

 

 

負担のかかるようなスポーツ走行をする場合、山道を多く走る場合などは

 

 

 

 

 

 

 

ミッションオイルが早く劣化する場合があります。

 

 

 

 

 

 

ご自身の乗り方を鑑み、こまめに異音が発生していないかを確認することが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

4 5

 

 

ミッションオイルは交換頻度がエンジンオイルほど高くないものの、

 

 

 

 

 

快適に車を乗り続けるためには定期的な確認が必要なオイルです。

 

 

 

 

 

エンジンオイルの交換時にプロに相談してみるのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

ミッションオイルの交換やその他のメンテナンスもいつでも受け付けておりますので、

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

4
  • facebookボタン
  • twitterボタン
  • lineボタン
コバックは車検が安い
各店舗の電話番号はこちら